くもゆきの青紫のそら

イェソンに目を奪われていたら、気付けばSJ沼に落ちていた…もう身動き出来ないなら、きれいな空でも眺めていよう…☁️☁️🌛☁️

no roads left

 

 

イェコンのレポを放って私が何をしていたかというと

 

生理痛で2時に起きてろくに眠れないまま出社したり

生理痛で0時に起きてろくに眠れないまま出社したり

バレンタインあげてないのにホワイトデーにかわいいカード付きのお菓子もらってワーイ!!ってなったり

年下有能上司(かわいい)に「くもゆきさんの独自のフロー理にかなってるし早いし何も言うことないです」って言われて内心ヨッシャ…!ってなったり

でも「ってことはこのどうしたってさばけない業務量は私が遅いからじゃなくて単純に降りかかる量として破綻してるってこと…?」とか気付かなくていい様なことに気付いて絶望したり

 

 

つまり何もしていませんでした

 

 

 

 

 

 

そして何もしなくて良かったなと思っています

 

イェコンから帰ってきてからの私はちょっとおかしかった

 

ってことはおかしさにまかせてめっちゃおかしなことを書いていたかもしれないということです。

 

今「年中無休でいっつもおかしなこと書いてるじゃん…」って思ったアナタは顔見せに来なさい。雑に抱き散らかしてやる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とまぁイェソンさんなら絶対に言わない類いの冗談を程々にして()

 

 

言い訳を書いていこうと思います

 

 

ちなみにイェコンのレポを書かないつもりだ、という言い訳ではありません

 

私は過去SMTのライビュのレポ(現地レポじゃなくライビュのレポ)を2週間後とかに書いたことがあるので、時の経過で書けなくなるということは無いからです

 

書かないとしたら違う理由になるでしょう

 

そして現状書くか書かないかは五分五分

 

なので未だ「書かない」言い訳をする必要はないんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という訳で本題の言い訳…

言い訳?

かみさまなんていないのに、私は何に言い訳するんだろう?

言い訳っていうより懺悔…?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辛いです

イェペンになって今が一番辛いです

辛いと思ってることが辛いです

 

 

 

念願のイェコンが観れて

今回のツアー、たった1回行けただけだけど

名古屋day2っていう印象深い公演に参加出来て

 

死ぬまでに一度も無いだろうと思っていたイェソンさんに直接会うなんてことも叶って

イェソンさんに直接「ありがとうございます」なんて言って頭を下げられる日が来て

イェソンさんに直接「すきです」って言えて、

こんなの想像すらしたことないのに叶って

 

 

すごいことで

本当に私からすればすごいことで

 

 

この思い出だけでも

胸に抱えればあたたかい気持ちで生きていける様な

そんな経験で

 

 

だから私は今しあわせだと言わなくてはならないのに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとツアーに何公演も行けるひとがうらやましい

 

あの歌達を何度も聴いて記憶に出来たひとがうらやましい

 

イェソンさんの前に何度も立ったことがあるひとがうらやましい

 

そういうひとたちに比べれば一度きりの思い出を大事に抱えようとしている私はみすぼらしい

 

 

 

私が行けなかった東京公演

 

心臓を掴まれた様な

 

 

 

 

 

私は

 

 

 

 

 

 

 

イェソンさんを知って

とてもとてもしあわせで

 

つらい

 

 

 

 

 

 

 

一生会えないと思っていた頃はこうだっただろうか

会ってしまったら

あんな公演を観てしまったら

もう…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Why dose my pain look like my pride ?

何故私の苦痛は私のプライドの様に見えるのですか?

 

 

enemy line

 

前から「機会があれば書くかなぁ」とか思ってたことがあるので、このタイミングかぁという気もしますが今日はそれを書きます。

 

イェコンのレポを待ってくれてる方には関係ない話ですので今回読まなくていい回です。 #ぶらうざばっく推奨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく「アイドルは夢を売ってる」って言うじゃないですか。

 

私はこれを「合ってるけどもっとしっくりくる表現ないかなぁ」と思っていて。

 

「夢」の部分をもっと適当な表現に言い換えたいなと。

 

夢の様に素晴らしいものを買ってるってことなら間違いないんだけど、

夢って表現として広域過ぎる感じがして。

 

 

 

 

それに「夢を売ってる」ってことにしちゃうと、こっちも「夢を買ってる」ってことになっちゃうじゃないですか。

 

少なくとも私は「イェソンさんと付き合ったり結婚出来るかもしれないという夢」なら買ってない訳です。

※妄想の中では常に真剣に付き合ってるのでしんぱいしないでください←

 

こんなことを書くと「それは大して好きってことじゃないんだよ」って思うひともいるかもしれないけど、私はイェソンさんのことをめちゃくちゃ好きです。

めちゃくちゃ性的な意味で好きです←

私を癒してくれる神のアイコンとして崇めているという訳でないですし、男性としてちゃんと好きです。

 

でもそれと「現実で夢を見るか?」は私の中で別なのです。

 

 

 

 

 

 

 

なんか話がそれてきました。戻ります。

 

「アイドルは夢を売ってる、の夢の部分をもっと実態に即した適当な言葉に言い換えれないか?」という話です。

 

私が思いついたのは、「誠意」でした。

 

 

 

アイドルが売ってるのは「誠意」で

私はその「誠意」を買っている

 

 

個人的にはなかなかしっくりきました。

私はイェソンさんの「誠意」を買っている。

うん、ぽい。矛盾が無い。

イェソンさんが誠意をもって披露してくれる「イェソンさんというイメージ」を、喜んで買ってる訳だし。

 

ここで言う「買う」は金銭的な意味でもあり、価値を認めるという意味での「買う」でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして「誠意」は言い換えれば「裏切らない」ってことでもあり、もっと言えば「人間性を疑わせる様なことはしない」ってことだとも言い換えられます。

 

要するに「人間性を疑わせる様なことはしない」ってだけでも、アイドルは及第点なのです。

もうそれだけでも「夢を売る商人」として悪くないということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし逆に言えば

 

「誠意」を売れなくなった瞬間アイドルはアイドルたりえなくなる

 

ということにもなります。

 

少なくとも私の中で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな私は

 

少なくとも今は

 

あの二人が帰って来たら

私はあの二人を養う為の金を落とす女に成り下がるんだよな

 

なんて思っていて

 

 

 

 

そしてこの感情はおにいさんたちに知られてもいいと思っていて

 

むしろおにいさんたち以外に知らせたいひとなんていなくて

 

 

勿論イェソンさんにも知って貰って構わない

 

 

 

 

 

 

 

私が韓国語が出来なくて、本当に良かったよね。

 

 

 

 

aomurasakinokumoyuki.hatenablog.com

aomurasakinokumoyuki.hatenablog.com

 

許しは必要ない

どこまで書くか

どこらへんを書くか

迷っています

 

 

 

 


f:id:aomurasakinokumoyuki:20190309223556j:image

 

 

おおざっぱに

 

・名古屋day2の公演について

・公演後についてその1

・公演後についてその2

・くもゆき名古屋うろつき記(これはどれかの記事とドッキングかも)

 

ですかね…

控えているネタ…。

 

 

 

 

 

 

私前に「これを書かないと記事が繋がらない」「この記事を下げるとこのblogが繋がらない」みたいなことちょっと書いたことがあるんですけど、

 

それって読んでくれてるひとの読み味には多分そんなに関係なくて(ないのか)

 

私が「繋がってない」と感じることで次が書きにくくなるから書く、書いたものを置いとく、ってだけの話なんです。

 

 

 

 

 

なのでそのロジックでいくとやっぱ、

 

「書かない」

 

ってことをすると、「次」が書きにくくなるかも…

という気がするので、書く方がいいとおもう…んだが…(急なひとりごと口調)

 

 

 

 

なんだか「よくわからないことを言ってないでいいからなんでも書け!」というサイコイェブロガーくもゆきの監視員の皆さんの声がどこかからきこえる気がするけど…

#うちのblogの常連なんて

#どうせみんな監視員だ

 

 

 

 

 

 

うーん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その、公演の話は文章化するのが難しいところ以外書けばいいか、って思ってるんでまぁ書けるんですけど、問題は公演後のはなし。

平たく申し上げて、イェソンさんにお会いできたんです。

 

 

 

 

しかしそんなはなし

何を書いてもどう書いても読んでくれてるひとへのマウントになるんじゃないかなぁ。という懸念。

 

 

 

だって私はイェソンさんのことをとても素晴らしいものとして書きますからね。

ならそれは「そんな素晴らしいものと会えるわたくし!」っていう幸運自慢のはなしってことでしょ~…、、

 

 

むずい。

 

しかも私がイェソンさんを上手く誉めれば誉める程、イェソンさんとのことを楽しげに書けば書く程、マウントの色が濃くなるという…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんは私が「持たざる者」だから安心してこのblogを読める、的なところ無かったですか?

 

#おまえは皆さんを何だと思っているんだ

#監視員だと思っているよ

 

 

 

きいたところでこのblogにはコメ欄無いのでお答えを頂くことは出来ないんですが。

 

 

 

 

 

 

 

ここで私が自分に言う「持たざる者」っていうのは、

「特にファンとして羨ましい対象ではない」という意味です。

 

このblogの初期なんかは「私はおそらく一生ライブには行けない」とか書いてたと思うんですよ。

実際に去年の11月のウネコン札幌day2までライブ参戦なんて一切してないですしね。

 

 

ようやくライブに行ける様になったけど、行っても1公演。

 

 

現場経験なんて片手で収まる。

 

 

イェコンだって名古屋day2が初めてであり、そして東京公演に行かない私にとって現状最後の公演。

 

 

韓国旅行にも行かない。

 

 

北海道人で全ての移動が大変。

 

 

独自の謎理論を展開して変なblog書く。

 

 

何かを買うにしても複数買いしてる様子ない。

 

 

ファン歴2年も無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな「誰にとっても羨ましくない私」が

運だけでイェソンさんに会ってきた訳です

 

 

それはもう「誰にとっても羨ましくない私」とは言えなくなるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただひとつ、

こうなってもまだひとつ、

「ああやっぱりくもゆきは「無い」人間だ」

って安心させてあげられそうなことを発見しました

 

 

 

 

 

 

イェソンさんに直接会ったりしたら

私は変わってしまうんじゃないかと思ったんです

私の中の「何か」が決定的に瓦解して、これまで通りではいられなくなるのではないかと思ってたんです

 

 

でも私は、これからもこれまでと同じ様なことを書いていけると思います

 

 

あの夢の様な夜から二晩が消え、三度目の夜を消費する今、

そんな気がしています、確信の様に

 

 

 

私が眺めてきた「イェソンさんと私の間の空気」は変わったりはしなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ、そう言えば前の記事消せなくなっちゃったなぁ。

「後で消します」を消さないマンだとお思いになるかもしれませんが、ちゃんと消した実績ありますからね(笑)

 

 

 

 

いい夜を。

 

enemy

 

 

私は自分がされたことは(あんまり憶えてられないのもあって)

これまでの○○を返せ!

とかそんな思わないんですけど

 

イェソンさんの分は許さないです

憶えておきます

なんかそれっぽく納得出来る理由を自分に言い含めて「いつかがあるさ」とかで楽になろうとは思わないです

ずっと怒ってればいいんです

 

 

 

返せと思う

イェソンさんの分は、返せ!

 

 

 

 

そしてこの感情は私だけのものであって

イェソンさんにすら関係ないんです

 

 

ただ、私の中に大切なものとして、取っておきます

 

 

昨日のレポを読んだ上で書いています

cradle

なんかじわじわ落ち込んできた

 

イェソンさんかわいそうで涙出そう

 

 

 

舞台やってソロコンやってフルアルバム作ってSSの準備してなんて無茶苦茶な時に命的なものを削りながら3月リリースにあわせて用意したデータなのに

 

3月に出せないなら

 

 

命の削り損なわけで

 

 

 

 

 

 

 

 

くやしかっただろうか

かなしかっただろうか

 

これ以上想像したら本日の仕事に支障が出そうなのでやめる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

「かわいそう」ってそれ程失礼ってだけの感情ではないと思うんだよ

 

 

「かわいそう」と「かわいい」は、似ている

愛の証明

イェソンさんの韓国新譜が3月リリースでは、となんだかフワフワ流れてきてたけど(何ソースだったんだろ)、ダメになったそうですね。

ダメになった、はイェソンさんがSS7Sday2でわざわざ発言したものなので、確定です。

 

 

 

 

 

私はイェペンになって2年もいかない位のモンですが、その間イェソンさんは常に働いて働いて働いてくれていました。

 

 

働く、というのは自分の為の行為ですが、私は彼が言う「ファンの為」という言葉は何故か心から信用出来ます。

 

 

 

 

 

今回の日本でのアルバムはフルアルバムになったけど、韓国での方は曲数がそれより少なくなる予定、とイェコンで言っていた様です。

 

「僕が韓国人だからこそ日本でのアルバムを優先した」みたいな、そんな感じで喋ってたみたい。

韓国人だからって、日本のファンのことは軽く考えていない。みたいなことを行動で示したってことでしょうか。

 

 

 

でもそんなの、

有り難いことに疑ったことないけどね

 

 

ずっと日本のスケジュール掴んで掴んで「それも掴んじゃったら死なない?」みたいなとんでもない密度でもこなしてくれてたじゃん

 

しかも今回、ラブレターみたいな内容の日本語のアルバム出してさ…

 

 

見てればわかるし、

聴いてもわかる

 

 

愛は証明されていると思うけど

でも、彼の愛の証明に「これで十分なんて無い」んだとしたら、やっぱりそういうところが好きなんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イェソンさんは常に消耗戦みたいな仕事の仕方をしていますが

(常に先々にコンサートや舞台といった事前準備が必要なスケジュールが多すぎる、しかもそれらが同時進行だったりする)

 

最近またひどいですね。

 

 

日本でアルバムリリース直後なのもあり、アルバム販促関係の仕事も多く、サイン会の為に来日して帰ってレコーディングして、また来てイェコン。んで帰ってSS7Sかぁ。そして今週は名古屋で2days。

 

 


f:id:aomurasakinokumoyuki:20190304004822j:image

 

ご本人、限界が見えてきた…とか呟いてましたが

私は普通にそうでしょうなぁ、と思いました。

 

 

 

だからSS7Sの映像観ても、声は出てるけど曲間の雰囲気は疲れが出てる気がするなぁ、とか思ってたんですけど、ただそう思ってたんですけど、

 

 

いつ知ったんでしょうね

韓国では用意してたアルバム出せないって

 

 

 

 

先週までは笑顔がキラキラのセルフィー上げたりしてたけど(日活でごきげんとかホントかわいい)

 

 

 

 

 

どうなんでしょう。

 

 

どうだったとしても、

どうしようもなく、

ただどうしようもないだけなのですが。

 

 

 





 

 

彼が用意した

過密スケジュールの中で一生懸命用意した

母国語での「愛の証明」、

表に出る日が出来るだけ早く来て欲しいですね。

 

どうしようもなく